ゲームクリエイターの資格をゲットする【技術は専門学校などで学ぶ】

記事リスト

マイク

選択時のポイントになる

アニメや歌手、舞台など幅広い場で活躍している声優を目指す場合は、専門学校で勉強する必要があります。入学する専門学校を選ぶ際は、卒業生の就職先の情報を確認しましょう。その中で魅力を感じた就職先がある専門学校を選ぶと良いです。

なるために必要なこととは

ゲーム

必須のものはない

ゲームクリエイターとは、その名の通りゲームを作る人の総称です。ゲームクリエイターはゲームを作る会社に所属して働くことが一般的です。最近はアプリなども一般的になってきたため、個人のゲームクリエイターも増えてきています。ゲームクリエイターになるのに、特別な資格は必要ありません。ゲームを作るというと大変な作業に思うかもしれませんが、大手のゲームメーカーでは基本的にチームプレーでゲームを作成します。自分がどの部門に配属されるかによってすべき仕事は大きく異なるので、基本的にはOJTで学んでいくので問題ありません。採用の際も、どんな資格を持っているかやどんな技術を持っているかよりも、コミュニケーション能力があるか、伸びしろがあるか、吸収力は高いかなどを重視して選びます。例外として、経験者は優遇されることが多いですが、新卒や転職の場合は資格を持っていないと採用されないということはありません。就職し、働く中で必要だと感じたら資格をとるというのでも遅くはありません。ですが勉強しておくと働き始めてから多少役立つという内容はあります。CGグラフィックやCGエンジニア、プログラミング、画像処理などです。こうした技術は専門学校などで学ぶこともできます。全くのド素人よりは、ある程度知識と技術を持つ人の方が採用に有利なのは間違いないでしょう。本気でゲームクリエイターになりたいのならばこうした専門学校に通うのも一つの手といえます。

ゲームをする人

ゲーム作りのお仕事

ゲームクリエイターの専門学校に通うのは、資格を取るためではなく、就職を有利にするためと考えたほうがよいです。いろいろな分野のゲームクリエイターがあるので、それに対応した専門学校に通って、望みのゲームメーカーに就職しましょう。

勉強

チャンスの多さで選ぼう

入学する専門学校はチャンスの多さで決めるようにしましょう。たとえば、有名な作品やプロダクションに所属している卒業生の声優がいる場合、自分にもチャンスがあると判断できます。また、実績や人気の高い専門学校は少しずつ成長できる環境が整っているので魅力的です。

パソコンを操作する人

現場実習がオススメです

ゲームクリエイターを目指す場合、資格は必ずしも必要ではありませんが、専門学校などで知識を高めておく事で目当ての企業に採用される確率は上がります。特に専門学校のコースの中に現場実習に重点おいている学校ではそのまま企業に就職する事も可能です。

メンズ

演技の勉強ができる

声優を本気で目指す人が専門学校に通っています。専門学校では演技の勉強はもちろん、コミュニケーションやダンス、発声練習等優れた声優になるために必要な事を指導しています。また、様々な業界と繋がっておりデビューのチャンスが多いのも魅力です。

Copyright© 2018 ゲームクリエイターの資格をゲットする【技術は専門学校などで学ぶ】 All Rights Reserved.